お金を借りたいけど、家族や友達に借りるのは、なんだか気が引けますよね。
そんなときは、銀行カードローンや消費者金融のカードローンを利用してお金を借りるのがオススメです。

お金を借りるまでの流れは銀行カードローンも消費者金融も大きな違いはありません。
今回は消費者金融や銀行カードローンでお金を借りるまでに必要な申し込みから審査、融資までの流れと、お金を借りるときの注意点を紹介します。

お金を借りるまでの流れ4ステップ

1. 銀行カードローンと消費者金融のどちらでお金を借りるか決める

まず最初にどこでお金を借りるか、決める必要があります。
金融機関によって、お金を借りられる条件や金利、返済方法などが違うので、よく調べてから申込むことをオススメします。

「できるだけ低金利でお金を借りたい」「できるだけたくさんのお金を長期間借りる予定」なら、銀行カードローンが良いでしょう。

ただし、消費者金融に比べて審査が厳しく、また審査に数日を要することがあるので、急いでお金を借りたいという方には向いていません。

「審査に落ちたくない」「即日でお金を借りたい」「少額融資希望」という方は、消費者金融のカードローンがオススメです。

2. 銀行カードローンや消費者金融にお金を借りる最初のステップは「申し込み」

お金を借りる金融機関が決まったら、申込みをしましょう。
申込み方法は各金融機関で異なり、直接店舗に行ったり、無人契約機で申込むこともできますが、インターネットから申込むのが一番オススメです。

最近はどの金融機関もスマホはパソコンから申し込みができるようになっています。
申し込み時に記入する内容は、名前、住所、連絡先、生年月日、職業に関する内容、収入、現在の借入状況です。

申込み内容に虚偽の内容があると審査に通らなくなってしまうので、嘘の申告は禁物です。
また記入ミスがあると審査に時間がかかる可能性もあるので、記入間違いのないよう、慎重に申し込みましょう。

3. お金を借りられるかが決まる「審査」

申し込みが済んだら、申し込んだ情報をもとに審査が行われます。
この審査によって、お金が借りられるかどうか、またはいくら借りられるかが決まります。
もし審査に通らなかったら、その金融機関ではお金を借りることができません。

審査は2段階で行われます。
まずは申込み内容をもとに、機械が自動的に点数化する「自動審査」があり、その次に人が細かく申し込み内容をチェックする「本審査」をします。

本審査の際は、申し込みに記入した会社に本当に在籍しているか確認するために、担当者が直接会社に電話確認をします。

審査を通りやすくするには、融資希望額をできるだけ低くすることが重要です。
「いくらまで借りられるのかな?」と気になる方もいるかもしれませんが、最初に申込むときは必要な金額だけ記入するようにしましょう。

また、他社での借り入れも審査に大きく影響します。
他社での借入金額は、消費者金融の場合「総量規制」である収入の3分の1を超えるかどうかを審査する上で重要になります。

他社の借入件数は、多ければ多いほど信用が低くなるので、多くても3社までに抑えなければ審査に通りません。

他社での借り入れ件数が多い人は、1社だけでも完済するか、おまとめローンで1本化するなどして、借入件数を減らしましょう。

さらに、「過去に借金を滞納したことがある」「携帯電話の料金が払えず強制解約させられた」など金融事故の経験がある方は要注意。
これらの金融事故が信用情報に記録されている場合、審査に通らない可能性が高いです。

審査が通るか心配な方は、比較的審査に通りやすい中小企業の消費者金融でお金を借りると良いかもしれません。
ただし、悪質な金融会社もあるので、「審査なしで即日融資」などを謳っている会社にはお金を借りないようにしましょう。

4. 審査に通ったら実際にお金を借りる

審査に通ったら、お金を借りましょう。

融資方法は、カードを使って機械から現金を受け取る方法と、指定した銀行口座にお金を振り込んでもらう方法があります。
ATMを利用して融資を得る場合、営業時間や手数料に注意しましょう。

時間外手数料をとるところもあれば、一部の提携先ATMなら手数料無料でお金を借りられるところもあるので、各金融のホームページで確認しましょう。
銀行振込でお金を借りる場合は、銀行の営業時間内でなければ振り込まれないことが多いです。

つまり土日、祝日や夜の時間帯はすぐに振り込んでもらえないということです。
銀行振り込みでの融資を希望する場合は、営業時間内に申込むか、余裕を持って融資の申し込みをするようにしましょう。

金融機関によって融資方法が異なるので、自分にとって一番便利な方法でお金が借りられる金融機関を選ぶと良いでしょう。