低金利で安心の銀行カードローンですが、口座を開設するのに時間と手間がかかるイメージがありますよね。
「銀行カードローンの申し込みがもっと簡単ならいいのに…。」

そんな利用者のニーズに応えて、最近では口座なしの銀行カードローンが増えてきているのです。
今回は口座なしの銀行カードローンの紹介や利用する時の注意点をご紹介します。

口座なしでお金を借りることができる銀行カードローン5社

新しい口座を開設することなくお金を借りることができる、代表的な銀行カードローン5社を紹介したいと思います。

今回紹介するのは三井住友銀行カードローン、三菱UFJ銀行カードローンバンクイック、楽天銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、イオン銀行カードローンです。

三井住友銀行カードローン

金利:年4.0%~14.5%
借入限度額:10万円~800万円

三井住友銀行カードローンは口座なしの方でも、ローン専用カードを発行することでカードローンを利用することができます。
ローン専用カードはローン契約機もしくは郵送にて受け取り可能。
お金を借りる際は三井住友銀行ATM、コンビニATM、ゆうちょATM、その他提携金融機関ATMからローン専用カードを使って引き出してください。

すでに口座をもっている方はweb完結で申し込みが完了するだけでなく、手持ちのキャッシュカードですぐにお金を借りることができたり、インターネットバンキングやモバイルバンキングができたりするので、より便利に利用できますよ。

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック

金利:年1.8%~14.6%
借入限度額:10万円~500万円

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックも口座なしでカードローンを利用することができます。

申し込みは土日祝日いつでもwebから可能です。
口座がない人がお金を借りるときは、三菱UFJ銀行ATMかコンビニATMからバンクイックカードでお金を引き出します。

1,000円単位で引き出せるので、生活費の足しなどちょっとした出費にも使えますよ。
また借入や返済のときのATM利用手数料や、時間外利用手数料が無料な点も魅力的です。
振込融資を希望する方は三菱UFJ銀行の口座を作る必要があります。

楽天銀行カードローン

金利:年1.9%~14.5%
借入限度額:最大800万円

ネット銀行の中でもとくに人気の楽天カードローン。
いつも使っている銀行口座に手数料無料でお金を振り込んでもらえます。

モアタイムシステム対象の銀行口座をもっているなら、23:50~0:10以外は当日の振込ができます。
さらに楽天ポイントがもらえるといった特典もあるので、普段楽天でショッピングをしたり旅行の予約をする方にはとくにオススメです。

※モアタイムシステム
24時間いつでも即時の振込が反映されるシステム。いままで平日の営業時間しか反映されなかった振込融資が24時間いつでも可能となる。

オリックス銀行カードローン

金利:年1.7%~17.8%
借入限度額:最高800万円

オリックス銀行カードローンの場合、口座なしでも振込融資かATMでお金を借りることができます。
申込時に登録口座と、任意で振込専用の口座を登録しますが、こちらはもちろん現在お持ちの口座を登録すればOKです。
また全国99,000台以上あるATMから終日手数料無料でお金を借りることも可能。
今もっている口座に振り込んでもらえるのはネット銀行ならではのサービスですね。

イオン銀行カードローン

金利:年3.8%~13.8%
借入限度額:10万円~800万円

イオン銀行カードローンも銀行口座なしで利用できます。
借入方法は、イオン銀行ATMまたはコンビニATM、提携ATMから引き出す方法。
ローンカードは契約後、最短5日程度で届きます。
ATM手数料はいつでも何度でも無料で利用できますよ。

口座なしの銀行カードローンを利用するメリット

口座なしの銀行カードローンを利用するメリットは、やはり口座をつくる手間と時間を短縮することができることでしょう。

利用者にとっては「口座を作る」という手間がなく、銀行カードローンを利用するハードルが下がりました。
ハードルが下がったことにより利用者が増えますから、銀行にとってもメリットといえるかもしれません。
また、普段使わない銀行口座をもっていると管理が大変ですよね。
余計な口座を持ちたくないと思っている人にとっても、口座なしの銀行カードローンは使いやすいカードローンといえるでしょう。

口座なしの銀行カードローンを利用するときの注意点

銀行口座なしでお金を借りて、すべて返済したあとにそのまま放置していませんか?
銀行で作ったカードローンなので、なんとなく銀行口座を開いたときと同じ感覚になっている人も多いかもしれませんが、利用し終わったカードローンは必ず解約するようにしましょう。

カードローンを解約しないで放置しておくと、信用情報上はまだお金を借りている状態。
解約せずに住宅ローンやカーローンの審査を受けると、審査結果に影響する恐れがあるのです。
また契約状態にあるということは、いつでもまたお金を借りることができるということ。
ちょっとしたことでも、ついお金を借りてしまうかもしれません。

他のローンへの影響や無駄遣い防止のためにも、使わないカードローンは必ず解約してください。

再度必要になったときは、そのときにカードローンを申し込めばいいのです。
過去に利用した記録は残っていますから、以前お金を借りたときにきちんと返済をしていれば、審査に通る可能性も高くなりますよ。

【まとめ】もともと口座なしの消費者金融カードローンもオススメ

今回は、口座なしの銀行カードローンについて紹介しました。
銀行カードローンを選ぶ理由として、「低金利」を挙げる人もいるでしょう。
「銀行だから消費者金融よりもなんとなく安心」という人もいますよね。
もちろん、そういった方は銀行カードローンを利用されるといいと思います。

ですが「今すぐにお金を借りたい」「審査に落ちないか不安」という方は、消費者金融のカードローンをオススメします。

銀行カードローンは口座なしで手間が省けたとはいえ、即日融資はできません。
また審査も消費者金融よりは厳しく、時間がかかります。

一方消費者金融は、審査も最短30分で完了するのでとってもスピーディ。
高額融資でなければ、金利の差もそれほど大きな差にはなりません。

大手の消費者金融はきちんと国の許可を得て運営しており、執拗な取り立てなどは行われないので安心してください。

口座なしの銀行カードローンは便利ですが、やはり口座をもっている方がサービスも充実します。
口座なしのカードローンをお探しなら、消費者金融のカードローンも検討されてみてはいかがでしょうか?