頑張って家計をやりくりしている主婦の方。
毎月の収支が安定していたらとても楽ですよね。

でも実際は冠婚葬祭や急な病気、家電の故障など、いわゆる「臨時の出費」が度々あります。
臨時出費が重なると、「生活費が足りない!」なんて事態が起きることも。

また、友人との旅行やショッピングを楽しみたいけどお金がなくて行けない…とお悩みの主婦もいるでしょう。

主婦の方でもお金を借りる事ができれば、このような悩みが解決できるかもしれません。
今回は主婦がお金を借りる方法について紹介します。

パート主婦は借入可能!専業主婦がお金を借りるのは難しい

5万円~10万円程度のお金を借りるなら、銀行や消費者金融のカードローンが便利です。

カードローンなら、限度額の範囲内で必要なときに必要な分だけお金を借りることができます。
コンビニATMでもお金を引き出すことができるので、外出先でも借り入れ可能。

ただし、カードローンの審査に通るのは「毎月の安定した収入がある方」に限られます。
これは正社員でなく、パートやアルバイトでも対象となるので、パートをしていて毎月一定のお給料をもらっている主婦の方はお金を借りることができます。

一方、パートやアルバイトをしていない専業主婦の方はお金を借りることができません。
カードローンは総量規制により、収入の3分の1の金額までしかお金を貸してはならないという決まりがあります。

つまり収入がゼロの専業主婦の方にはお金を貸すことができないということです。
旦那さんの収入があっても、それは本人の収入ではないので、基本的には審査に通りません。

中小消費者金融の「配偶者貸付け」なら主婦でもお金を借りることができる

さきほど、夫に収入があってもお金を借りることはできないとお伝えしました。
ところが中小消費者金融の中には、総量規制の例外として配偶者と合算した年収で審査をして融資を行ってくれるところがあります。

専業主婦でお金を借りたいという方は、「専業主婦OK」としている中小消費者金融でお金を借りるとよいでしょう。

ただし、悪徳業者に要注意。
国にきちんと届け出をして運営している金融業者を利用してください。

届け出を出している業者は貸金業登録番号があるので、利用前に確認するようにしましょう。
金融庁公式サイトの「登録貸金業者情報検索サービス」から、登録している貸金業者を検索することができますよ。

正直に夫に相談してお金を借りる

生活費が足りなくなった、または臨時出費でまとまったお金が必要な場合は正直に旦那さんに相談しましょう。

もし夫個人の貯金があれば、そこからお金を借りられるかもしれません。
また、金融機関でお金を借りる場合は、収入がある夫が申し込むことで、スムーズにお金を借りることができます。

主婦でもお金を借りることは可能!1人で悩まず家族に相談を

主婦の方でも中小消費者金融や、夫に相談することでお金を借りることができます。

「遊びで使っちゃって生活費が足りないなんて夫に言えない…。」
「家計の責任は主婦である私にあるのに…責められたらどうしよう?」
「お金のことで夫に心配かけたくない。」

いろいろな不安から、お金の問題をひとりで抱えている主婦の方もいるでしょう。

ですが、家計は家族の問題です。
主婦であるアナタがひとりで悩むのではなく、家族で共有して一番よい解決方法を見つけるのがよいでしょう。