消費者金融といえば、まず名前が上がるのが「プロミス」「アコム」でしょう。
実際に消費者金融の貸付け残高1位2位を占めるのがこの2社です。

テレビCMでもおなじみで、消費者金融を利用しない人も知っているくらい有名な企業ですよね。
そんなプロミスとアコムですが、この2社の違いをご存知ですか?

CMや広告からでは大きな違いがわからず、実際にお金を借りる人からすれば、どちらを選ぶべきか迷ってしまいますよね。

そこで今回はプロミスとアコムの特徴を比較して、それぞれの違いを徹底分析してみました。
どちらでお金を借りるか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

プロミスとアコムの金利を比較

カードローンでお金を借りる際に一番気になるのが、金利ですよね。
金利によって支払う利息が決まるので、まず一番に確認したいところ。

実は消費者金融同士で最高金利だけを比較しても、大きな違いはありません。
そこで、プロミスとアコムではどのようにして金利が決まるのかについて比較したいと思います。

プロミスの金利は4.5%~17.8%

プロミスの最高金利は17.8%と、他社の18.0%に比べて若干低く設定されています。
ただ、数万円の借入では利息に大きな違いが出ないので、特別お得であるというわけではありません。

プロミスではじめてお金を借りる方は、基本的にはこの17.8%の最高金利が適応されると考えていいでしょう。
審査や、借入金額によっては最低4.5%まで金利が下げられますが、最低金利が適応されることは難しいです。

利息制限法により、100万円以上の貸付けは金利が15.0%までと決まっているので、100万円以上のお金を借りると15.0%の金利が適応されると考えられます。

他社では100万円以上の借入で15%の金利が適応されることが多いので、プロミスもそれくらいが目安と考えられます。

アコムの金利は3.0%~18.0%

アコムの最高金利は18.0%で最低金利は3.0%です。
アコムの金利は限度額によって変わります。

限度額:501万円~800万円 金利:3.0%~4.7%
限度額 301万円~500万円 金利4.7%~7.7%
限度額:100万円~300万円 金利:7.7%~15.0%
限度額:1万円~99万円 金利:7.7%~18.0%

アコムもプロミス同様、初回の借入では最高金利の18.0%が適応されると考えてください。

300万円以上のお金を借りると、金利が最高でも7.7%になるので、アコムの方がお得かなと思いがちですが、実は300万円を借りるのはとても難しいことです。

総量規制により消費者金融で借りるお金の金額は年収の3分の1と決まっており、300万円のお金を借りるなら年収900万円以上ないといけません。

結果的に、適応される金利が7.7%を下回ることはほとんどないでしょう。

プロミスとアコムの金利に大きな違いはない

プロミスとアコムの金利を比較しましたが、結果的に両者の金利に大きな違いはありませんでした。

初回借入時はプロミス17.8%、アコムは18.0%(100万円を超える場合は両者15.0%)が適応されると考えて、返済プランを立てましょう。

プロミスとアコムの最低返済額を比較

お金に余裕がない方にとって、毎月の返済額はキャッシング選びの重要なポイントです。
プロミスとアコムの最低返済額は少々異なるので、それぞれの違いを見てみましょう。

プロミスの最低返済額の算出方法

プロミスの返済金額は「残高スライド元利定額返済方式」です。
算出方法は次のように決まっています。

  • 借入残高30万円以下

    お借入後残高 × 3.61%(1,000円未満切り上げ)
    例)5万円 × 3.61% = 1,805円
    返済額は2,000円

  • 借入残高30万円超過~100万円以下

    お借入後残高 × 2.53%(1,000円未満切り上げ)
    例)50万円 × 2.53% = 12,650円
    返済額は13,000円

  • 借入残高100万円超過

    お借入後残高 × 1.99%(1,000円未満切り上げ)
    例)150万円 × 1.99% = 29,850円
    返済額は30,000円

このように、借入金額に応じて一定の割合が決まっており、毎月の最低返済額が算出されます。

また、「残高スライド」ですから、借入後残高が変わることにより割合も変動。

たとえば80万円の借入をしたとすると2.53%の割合が適応され、毎月21,000円返済することになります。

このまま返済を続ける場合、完済するまで最初に決まった返済金額を返済し続けます。

ですがもし返済途中で追加融資を受けて、借入後残高が120万円になったり、50万円になったりすると、再度最低返済額が計算されて、毎月の最低返済額が変わるという仕組みです。

例えば追加融資後の借入残高が120万円になったら、1.99%の割合が適応されて毎月の最低返済額は24,000円になります。

次に追加融資を受けない限り、完済まで毎月の最低返済額は24,000円です。

つまり追加融資を受ける度に、最低返済額が再計算されるということですね。

公式サイトでは、借入金額ごとの最低返済額をひと目で見ることができるので、参考にするといいでしょう。

アコムの最低返済額の算出方法

プロミスは「借入残高」で最低返済額を算出する割合が決まっていたのに対し、アコムは「契約極度額」で最低返済額を算出する割合が決まります。

契約極度額とは契約者が借りることができる最高金額のことを言い、契約極度額が50万円なら50万円までお金を借りることができるという意味です。

アコムの最低返済額の算出方法は次のとおりです。

  • 契約極度額30万円以下

    お借入後残高 × 4.2%以上(1,000円未満切り上げ)
    例)5万円 × 4.2% = 2,100円
    返済額は3,000円

  • 契約極度額30万円超過~100万円以下

    お借入後残高 × 3.0%以上(1,000円未満切り上げ)
    例)50万円 × 3.0% = 15,000円
    返済額は15,000円

  • 契約極度額100万円超過

    お借入後残高 × 1.5%~3.0%以上(1,000円未満切り上げ)
    例)150万円 × 3.0% = 45,000円
    返済額は45,000円

100万円以下の借入ならプロミスの方がアコムより最低返済額が少ない

プロミスとアコムを比較した結果、100万円以下の借入の場合の最低返済額はプロミスの方が低いことがわかりました。

毎月の返済額をできるだけ少なくしたいという方はプロミスでお金を借りるとよいでしょう。
一方100万円を超えるお金を借りる場合、アコムなら1.5%の割合で最低返済額が決まることがあります。

この場合はプロミスよりもアコムの最低返済額が低い計算になります。
つまり、100万円を超えるお金を借りるなら、アコムの方が返済が楽であると言えるのです。

ただし毎月の返済金額が低くなる分、元金がなかなか減らず利息が膨らみやすくなるので、その点は注意してください。

プロミスとアコムのサービスを比較

キャッシングをするなら、親切でサービスが充実したところでお金を借りたいですよね。
そこで、プロミスとアコムのサービスの違いについて比べてみました。

プロミスとアコムの審査時間の違い

急いでいるときは、できるだけ早く審査してほしいですよね。
プロミスとアコムの審査時間はどちらも最短30分でとてもスピーディ。

webで事前申込みをして、自動契約機で契約、ローンカードを受け取るという流れが一番早くお金を借りる方法です。
審査時間に大きな差は無いので、自動契約機が近くにあるなど使い勝手のいい方を選ぶといいでしょう。

プロミスとアコムのATMの違い

ATMサービスの違いについて、あまり気にしていない人は多いかもしれません。
ですが、ATMのサービスはとても重要。

なかでも注意したいのが、利用手数料です。
利用金額に応じて108円~手数料がかかるのです。

アコムの場合、専用ATMの利用手数料は無料ですが、銀行やコンビニの提携ATMでお金を借りたり返済したりすると、その都度手数料がかかってしまいます。

一方プロミスなら専用ATMはもちろんのこと、三井住友銀行のATMでも利用手数料が無料で利用できます。

「専用ATMを利用しているところを誰かに見られたくない!でもATM手数料を払うのは嫌だ!」という方は、プロミスでのキャッシングがオススメです。

プロミスとアコムの無利息期間の違い

消費者金融のメリットといえば、「無利息期間」があること。
無利息期間とは、初回契約者に限って適応されるサービスで、無利息期間中は借入分に対する利息が一切かかりません。

つまり無利息期間中にお金を借りて、全額返済すれば利息ゼロ円でお金を借りることができるということ。

全額返済できなくても利息の節約になるので、大変うれしいサービスです。
プロミスとアコムにもこの無利息期間のサービスがあるのですが、サービス内容が少し違います。

  • プロミス:初回借入日の翌日から30日間無利息
  • アコム:初回契約日の翌日から30日間無利息

プロミスは契約後に最初にお金を借りた日の翌日から無利息期間のカウントが始まるのに対し、アコムは契約が完了した次の日から30日のカウントが始まります。

つまりアコムの場合は、たとえお金を借りていなくても、契約した翌日から無利息期間の30日が始まってしまうのです。

契約後すぐにお金を借りるならプロミスでもアコムでも大きな違いはありませんが、もしものときにすぐお金を借りられるように、契約だけ先に済ませておきたいという方は、プロミスの方がお得と言えます。

プロミスとアコムの審査通過率を比較!どちらが審査に通りやすい?

カードローンを申し込むと、審査に通るかどうか不安ですよね。
プロミスとアコムではどちらが審査に通りやすいのでしょうか?

審査に通る目安として、それぞれの審査通過率(プロミスは成約率、アコムは新規貸付率)を比較してみました。
次の表は、プロミスとアコムの2017年4月~2018年3月までの審査通過率です。

2017年度 プロミス 
成約率
アコム
新規貸付率
4月 43.90% 45.10%
5月 45.10% 47.70%
6月 44.80% 46.80%
7月 43.90% 45.20%
8月 46.00% 45.80%
9月 46.40% 45.30%
10月 46.80% 44.90%
11月 47.30% 44.70%
12月 44.80% 43.00%
1月 44.60% 42.00%
2月 45.90% 44.10%
3月 45.60% 43.20%

どちらも通過率40%台の前半と後半を行ったり来たりという感じで、両者に大きな違いは見られません。
注目は8月以降プロミスとアコムの通過率の多さが逆転しているという点。

アコムは「はじめてのアコム~」とアピールしているだけあって、はじめての利用でも審査がスムーズであるという印象でしたが、最近はプロミスも負けていないようです。

プロミスとアコムの違いまとめ!プロミスの方が若干使いやすいかも

ここまで、プロミスとアコムの違いを比較してきましたが、それぞれに特徴があるのがわかりました。
プロミスとアコムの内容に大きな違いはありませんでしたが、以下の点を踏まえると、プロミスの方が使いやすい印象です。

  • アコムは専用ATM以外ATMの利用手数料がかかってしまう

    →プロミスなら、三井住友銀行ATMが手数料無料!

  • アコムの無利息期間は契約した次の日から始まってしまう

    →プロミスはいつお金を借りても無利息期間をフル活用できる!

もちろん、「アコムの自動契約機や専用ATMが近くにあって使いやすい」という方はアコムの方が便利に使えます。

プロミスとアコムのどちらが便利か比較して、使いやすい方を選びましょう。