カードローンは、カードがあれば近くのコンビニATMなどでいつでもお金を借りることができるのでとても便利ですよね。
ですが、カードがあることで煩わしさを感じている方も多いのではないでしょうか。

  • 近くに店舗がないからカードを取りに行くのは大変だし、郵送を待ってる時間もない
  • ATMからキャッシングしようと思ったら、カードを家に忘れてきてしまった
  • カードを見られたら、お金を借りているのが家族にバレてしまうかも

こういった悩みを解決してくれるのが、カードレスローンです。
カードローンの契約時に「カードを発行しないカードレス契約」を選べば、カードを持たなくても、既存のカードローンと同じようにキャッシングすることができます。
今回はカードレスローンの利用方法と、カードレスローンを導入している会社をご紹介します。

カードレスローンならカードを持ち歩く必要はない

カードレスローンは、カード不要でお金を借りることができるキャッシングサービスです。
カードがいらないということは、契約後にわざわざカードを取りに行ったり、郵送されるのを待つ必要がないということ。
さらにカードがなくても借り入れや返済ができるので、財布の中にローンカードを入れて持ち歩く必要もありません。
急にお金が必要になったときでも、すぐにお金を借りることができるので大変便利です。

  • 口座引落の支払いでお金を借りたい人
  • 土日祝日、夜間でもすぐにお金を借りたい人
  • 営業時間内にATMに行く時間がない人
  • ローンカードを取りに行けない、または行くのが面倒な人

これらに当てはまる方は、カードレスローンを有効に使うことができるでしょう。

消費者金融のカードレスローンは「振込融資」と「アプリローン」の2種類ある

カードレスでお金を借りる方法は「振込融資」と「アプリローン」の2つあり、カードローン会社によって両方のカードレスローンに対応している会社と、振込融資のみ対応している会社があります。

「振込融資」で指定の口座に振り込んでもらう

申し込み時に「振込融資」を希望すれば、指定の口座にお金を振り込んでもらうことができます。
振り込んでもらうのにローンカードは必要ないので、カードレスでお金を借りることができるというわけです。

振込融資は借りたお金を口座引落の支払いに使ったり、送金したりする方にオススメ。
わざわざATMに行ってお金を引き出し、そのお金をまた自分の口座に入れるのは面倒ですよね。
振込融資なら直接自分の口座に振り込んでもらえるので、ATMに行く手間が省けます。
またATMでお金を借りると、場合によってはATM手数料がかかる場合がありますが、振込融資の場合はカードローン会社が振込手数料を負担するので、手数料の節約にもなります。

振込融資をより有効活用するコツは、24時間いつでも振り込んでもらえるカードローン会社を選ぶこと。
たとえばプロミスなら三井住友銀行やジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座には24時間いつでも最短10秒でお金を振り込んでもらえます(メンテナンス時間を除く)。
夜間や土日でも即日融資でお金を借りることができるので、とても便利ですね。

振込融資に対応しているカードローン

ほとんどのカードローン会社は、振込融資に対応しています。

ただし24時間いつでも振込融資を可能にするためには、カードローン会社とお金を振り込んでもらう銀行口座の両方が24時間対応していなければなりません。

まずあなたの持っている口座が、「モアタイムシステム」が導入された銀行の口座かどうかを確認しましょう。
モアタイムシステムとは、24時間365日取引ができるシステムのことをいいます。
モアタイムシステム参加金融一覧(https://www.zengin-net.jp/company/time/)を見れば、すぐに確かめることができますよ。
みずほ銀行などモアタイムシステムを導入していない口座への振込融資は、営業時間にのみ振込が反映されるので、即日融資を希望する方は申し込み時間に注意が必要です。

あなたが持っている銀行口座がモアタイムシステムを導入していると確認できたら、次に24時間振込融資に対応しているカードローン会社を選びましょう。

カードローン会社 24時間振込融資の対応
プロミス モアタイムシステムに参加するすべての銀行に最短10秒で振り込み融資可能。
レイクALSA モアタイムシステムに参加するすべての銀行に24時間いつでも振り込み可能。
SMBCモビット モアタイムシステムに参加するすべての銀行には24時間振り込み対応。
アコム 楽天銀行のみ24時間最短1分で振り込み。その他の銀行は14:00までの申し込みで即日融資可能。
アイフル 24時間振込融資は不可(振込予約は24時間可能、即日融資は14:10までに申し込み)。

※モアタイムに参加する銀行でも、メンテナンス時間や土曜日・日曜日の夜間は銀行振り込みがすぐに反映されない場合があります。ご利用前に各銀行にご確認ください。

プロミス、レイクALSA、SMBCモビットは24時間振り込みに対応しています。
アコムは、楽天銀行のみ24時間振込融資が可能です。
アイフルは24時間の振込融資には対応していないので、銀行の営業時間を考えて、遅くとも14:00には融資の申し込みを済ませておきましょう。

「アプリローン」で全国のセブン銀行ATMからお金を借りる

現金がすぐに欲しい方は、振込融資よりもアプリローンの利用がオススメです。
アプリローンとは、専用のアプリを使って全国のセブン銀行ATMで借り入れや返済ができるキャッシングサービスです。
アプリがローンカードの代わりになるので、カードレスでお金を借りることができます。
セブン銀行は原則24時間いつでも利用できるため、土日祝日や夜間にお金を借りることも可能です。

利用方法も簡単なので心配する必要はありません。
Web申し込みをしてから、各カードローン会社の専用アプリをダウンロードするだけで準備完了。
セブン銀行ATMの「スマートフォンでの取引」を選択して、表示されたバーコードをアプリで読み取れば、あとはスマホとATMの指示にしたがって暗証番号や取引金額を入力するだけでお金を借りたり、返済することもできます。

アプリローンに対応しているカードローン

アプリローンに対応している大手消費者金融はプロミス、レイクALSA、SMBCモビット、アイフルの4社です。
プロミス、レイクALSA、SMBCモビットの3社は24時間振込融資にも対応しているので、即日融資を希望する方には使い勝手のいいカードローンと言えます。
アイフルは振込融資が24時間対応でないのが残念ですが、とくに振込融資を希望しないのであれば、その他3社と変わりなく便利に使えるでしょう。
ただし、レイクALSA以外はセブン銀行ATMの利用手数料がかかってしまうので、注意してください。

銀行カードローンも振込融資でカードレス

銀行カードローンも、カードレスローン(振込融資)に対応していることがあります。
すでに口座を持っている銀行のカードローンなら、新たに口座を用意する必要がないため、その手間が省けます。
また新たに口座を作らなくても、指定の口座に振込融資をしてくれる銀行カードローンもあるので、新しい口座を作りたくないという方でも利用可能。

もちろん振込融資だけでなく、ATMからのキャッシングも可能です。
口座がある方は、すでに持っているキャッシュカードがローンカードとして使えるようになる銀行もあるので、新たにカードを作る必要はありません。
口座のお金を下ろすのと同じやり方でお金を借りることができるので、銀行ATMに慣れているという方は銀行カードローンを選んでもいいでしょう。

【まとめ】キャッシュレスの支払いをする方はカードレスローンの方が便利

普段キャッシュレスの支払いが多いという方は、カードレスな振込融資の方が、直接口座に振り込まれるので便利だと思います。
現金が必要になったときでも、専用アプリをダウンロードしておけば、セブン銀行ATMですぐにお金を借りることができるので、不便なことはありません。
申し込みから融資まですべてWeb上で完了するので、わざわざ自動契約機に行く必要がなく、郵送物もないので家族にバレる心配もないでしょう。