「給料日前で金欠!週末のデートに備えて5万円借りたい。」
「友人の結婚式が重なってご祝儀貧乏に!3万円借りて生活費の足しにしたい。」

このように、3万円、5万円、10万円といった少額融資を希望する方も多いでしょう。

現にカードローン利用者の大半が、10万円以下の少額融資を受けています。

ちょっとお金を借りるだけだから、できれば「早く」「お得に」お金を借りたいですよね。

そこで今回は少額融資を受ける5つの方法と、少額融資にオススメな方法をご紹介します。

少額融資に一番オススメなのは消費者金融のカードローン

少額融資を受けるのに一番オススメしたいのが、消費者金融のカードローンです。

カードローンは限度額の範囲内でいつでも好きなときに、必要な金額だけお金を借りることができます。

カードローンは大きく分けて銀行カードローンと消費者金融のカードローンがありますが、消費者金融のカードローンが断然オススメです。

消費者金融のカードローンをオススメする理由は次の3つ。

  1. 最短即日で融資可能!申し込んだその日にお金を借りることができる
  2. 初回契約者に限り無利息期間サービスがある(アコム、アイフル、プロミス、レイクALSA)
  3. スマホがあれば申し込みから融資までの手続きが完了する

銀行カードローンは即日融資ができませんが、消費者金融のカードローンなら最短即日融資も可能です。

ただし時間帯によっては、翌営業日での対応となるので、余裕をもって申し込むとよいでしょう。

また大手消費者金融アコム、アイフル、プロミス、レイクALSAでは初回申込者に限り、30日間無利息でお金を借りることができます。

とくにレイクALSAは、「5万円まで180日間無料」という無利息期間サービスもあり、5万円以下の少額融資を希望する方にはとくにオススメです。

カードローンの申し込みはインターネットで24時間受け付けており、忙しい方でも空いた時間にスマホから申し込みができます。

振込融資にすればわざわざ店舗に行く必要はありませんし、最近では専用アプリをダウンロードすることで、カードがなくてもコンビニATMからお金を引き出せるカードローンもあり、とても便利になりました。

カードローンで少額融資を受けるときの注意点

カードローンのキャッシングには審査があります。
審査に伴って、運転免許証といった本人確認書類の提出が必要です。

また、勤務先への電話による在籍確認が行われます。
本人確認や在籍確認ができないと、お金を借りることができません。

申し込みや審査が少々面倒かもしれませんが、審査に通ってしまえばとても使いやすいキャッシング方法なので、少額のお金を借りたい方にオススメです。

クレジットカードのキャッシング枠で少額融資を受ける

「カードローンのキャッシングはちょっと面倒…」という方はお手持ちのクレジットカードのキャッシング枠が使えないか確かめてみましょう。

クレジットカードにもよりますが、自分でも気が付かないうちにキャッシング枠が設けられている可能性があります。

少額融資でクレジットカードのキャッシング枠の利用をオススメする理由は次の2つです。

  1. 申込不要!近くのATMからすぐにキャッシングできる
  2. 土、日、祝日や夜間でもお金を借りることができる

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる場合、別途申し込みは不要です。

クレジットカードさえ手元にあればお金を借りることができます。

また、土日祝日、夜間でも都合のよいときにいつでもお金を借りることができるので、急な出費でもすぐに対応できて便利です。

クレジットカードのキャッシング枠で少額融資を受けるときの注意点

クレジットカードのキャッシング枠にも限度額があります。

すでに限度額ギリギリまでカードを使っていたら、キャッシング枠が余ってない可能性も。

キャッシング枠が余っていなければ、当然お金を借りることはできません。

また、契約時にキャッシング枠を使わないように設定していた場合も、すぐにキャッシングをすることができないので、注意しましょう。

定期預金担保貸付から少額融資を受ける

定期預金をしている方は、「定期預金担保貸付」を利用してお金を借りることができます。

定期預金担保貸付でお金を借りるメリットは次の2つ。

  1. 定期預金を担保にした融資なので、審査がない
  2. 金利が低い(年利1%程度)

定期預金担保貸付も、クレジットカードのキャッシング枠同様、審査がありません。

定期預金残高さえ残っていれば、いつでもお金を借りることができます(定期預金残高の90%の金額まで借り入れ可能)。

また、カードローンの金利が年利15%~18%なのに対し、定期預金担保貸付は年利1%未満から、高くても1%台後半までと、金利がとても低いのが特徴です。

ただ10万円以下の少額融資の場合は年利18%でもそれほど大きな負担にはならないので、あまり気にする必要はないかもしれませんね。

定期預金担保貸付から少額融資を受けるときの注意点

まず、定期預金をしていなければお金を借りることができないというのが一つ目の注意点です。

また、定期預金残高の90%の金額までしか借りることができないので、あまり預金が貯まっていない場合は、希望する金額分を借りられないかもしれません。

少額融資ならギフト券や金券を売ってお金にするという方法もあり

次に紹介する方法は、お金を借りるというよりも、少額のお金(現金)を入手する方法です。

たとえば、アマゾンギフト券をインターネットで買って(クレジットカード決済)、それを専門の業者に買い取ってもらうという方法もあります。

買い取りの手続きもすべてインターネットで行うことができ、手続完了次第すぐにお金を振り込んでもらえるので、大変便利です。

その他使っていない商品券などがあれば、金券ショップで売るとお金になるかもしれません。

ギフト券を売ってお金にするときの注意点

さきほどアマゾンギフト券を専門業者に買い取ってもらう方法をお伝えしましたが、この方法はあまり多用しないようにしましょう。

そもそもアマゾンギフト券は、現金化を目的として作られたサービスではありません。

そのため、アマゾンから「規約違反」と判断されてしまい、最悪アカウント停止なんてこともあり得るのです。

アマゾンギフト券だけでなく、現金化を目的してクレジットカードでものを購入し、キャッシュバックとして現金を得る行為(クレジットカードの現金化)も、各カード会社は認めていません。

正当な方法とは言えないので、できるなら避けた方がいいでしょう。

少額融資だからといって闇金を利用してはいけない

「10万円審査無しで貸付!」
「5万円までその場で即融資!」

こんなチラシやインターネット広告を見たことはありませんか?

「5万円くらいで審査なんて面倒だし、すぐ返せばいいから…」と軽い気持ちで利用しがちですが、絶対にやめてください。

その場でお金を借りることはできるかもしれませんが、後から法外な利息を請求されたり、個人情報が漏らされたりとトラブルに巻き込まれる可能性があります。

少額融資を受けるならカードローンがベスト!少額でも危険な借り方はやめよう

少額融資でお得にお金を借りる方法を全部で5つ紹介しました。

なかでも一番のオススメは、無利息期間サービスがある消費者金融のカードローン。
一定期間利息なしでお金を借りることができるので、一番お得だと言えます。

審査が心配なら、審査がないクレジットカードのキャッシング枠や定期預金担保貸付を利用するとよいでしょう。

アマゾンギフト券を売って現金化することも可能ですが、こちらは正当なやり方とは言えないので、あまりオススメしません。

また、クレジットカードの現金化をしたり、悪質な業者でお金を借りるとトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、絶対にやめましょう。

という事があげられます。
甘い言葉には惑わされないようにしましょう。

少額融資で生活を滅茶苦茶にしてしまってはいけません。

<参考サイト>https://xn--110-g73b6mga1c8727bfjgf03c5m3e0dn6np.net/cat2/10.html