欲しいものがあるのに、お金がない…。

そんなときに便利なのが、クレジットカードのリボ払いです。
買い物をしたときに支払いをリボ払いにすると、支払い金額を分割して支払うことができます。

とくに、1回では払えないような高価なもの購入したときはとても便利。

カードによって異なりますが、10万円までの買い物なら毎月の支払い金額は最低3,000円~5,000円くらいでの支払いが可能です。

ただ、クレジットカードのリボ払いは月々の負担が軽い代わりに、支払いがなかなか終わりません。
支払いが終わらないと、その間リボ払い手数料を支払い続けることになります。

ずっと返済し続けているのに、リボ払いの支払いが全然おわらないという方は、金利の低い銀行カードローンに借り換えた方が手数料の節約になるかもしれません。

今回はクレジットカードのリボ払いをカードローンに借り換えて、手数料を節約する方法を紹介します。

リボ払いの借り換えが必要な理由!リボ払いは終わらない仕組みだから

リボ払いは月々の支払いが少なくて済むので、一見消費者の負担を軽くするサービスのように見えますが、実際はそうではありません。

リボ払いをすると、返済する間ずっと「リボ払い手数料」を払うことになり、この手数料が消費者の大きな負担になるのです。

さらにリボ払いの恐ろしい点は、返済がなかなか終わらないような仕組みになっている点です。

返済が終わらない理由を3つのポイントで紹介します。

リボ払いは返済状況が見えにくい

リボ払いが危険なのは、支払い残高が見えにくいところです。
リボ払いは、どれだけ買い物をしても毎月決まった金額しか支払いません。

たとえば、5万円のものをリボ払いで購入して、毎月5,000円+手数料を支払うとしましょう。

返済している途中に、さらに3万円のものをリボ払い購入しても、毎月の支払いは5,000円+手数料で支払金額の変化はありません。

通帳には毎月5,000円+手数料を支払っている記録が残るので、リボ払いをしている人は毎月きちんと返済できていることにひと安心。

あとどのくらい支払いが残っているかまでは、わざわざ確認しない人が多いのです。

長い間リボ払いの支払いを続けているのに全然終わる気配がないと、その時はじめて支払い残高を確認し始めます。

そして、支払い残高が全然減っていないことに気がつき、愕然とるすのです。

毎月の返済額が少ないから支払い残高が全然減らない

「毎月ちゃんと支払っているのに、なんで残高が減っていないの?」
その原因は、毎月の返済額が少ないから。
「毎月返済もしているし、毎月の支払いも少ないからまだまだリボ払いを使っても大丈夫!」と支払い残高を確認することなく追加で買い物をする方も多いです。

ですが毎月の返済が少なく、元本が減っていないにもかかわらず、さらに買い物を続けることで利用総額は増え続けます。

最悪の場合、気が付かないうちに限度額いっぱいまで使ってしまい、返済が追いつかいない事態になってしまうかもしれません。

リボ払いの「定額方式」はさらに手数料が膨らみやすい

リボ払いには「残高スライド方式」と「定額方式」の2種類の返済方式があります。

「残高スライド方式」は支払い残高によって毎月支払う元本と手数料がそれぞれ変動する方式です。

たとえば、支払い残高が10万円までなら毎月元本5,000円+手数料の支払い、支払い残高が10万円以上30万円未満なら元本10,000円+手数料の支払い、というかたちで変動します。

一方「定額方式」は、支払い残高がいくら増えても毎月支払う元本の金額が変わらない返済方式です。

支払い残高が10万円でも50万円でも、元本の返済額が5,000円に設定されていたら、ずっと元本5,000円+手数料の支払いとなります。

定額方式は毎月の元本負担がずっと変わらない分、残高スライド方式に比べて返済期間が長くなり、支払う手数料も多くなってしまうのです。

今持っているクレジットカードのリボ払いが、どちらの方式かわからない方は、すぐに確認することをオススメします。

リボ払いの返済を終わらせる方法!銀行カードローンへの借り換えがオススメ

リボ払いは返済がなかなか終わらず、手数料の負担が大きい支払い方法です。
リボ払いの手数料を節約するには、可能な限りはやく全額返済するしかありません。

一括返済や繰り上げ返済でリボ払いの返済をする

できるだけはやく返済するには、一括返済や繰り上げ返済をする方法があります。
つまり毎月決まった金額よりも多くのお金を支払うということです。

毎月の返済は口座から自動で引き落とされるので、一括返済や繰り上げ返済をする場合はカード会社に申請し手続きをするか、専用ATMで追加返済する必要があります。

一括返済や繰り上げ返済の方法は、各カード会社によってことなるので、事前に確認しましょう。

低金利の銀行カードローンへの借り換えでリボ払いの返済をする

お金がなくて、一括返済や繰り上げ返済ができないという方は金利が低い銀行カードローンに借り換える方法もあります。

カードローンも同じ借金ですから、利息も含めて毎月返済しなければなりませんが、このままリボ払いを続けるよりも支払総額を減らすことができるかもしれません。

リボ払いの手数料の料率(金利)は、年率15%であることが多いです。
一方銀行カードローンの金利もだいたい年率14%くらいで、リボ払いの料率よりも若干低くなります。

また、リボ払いの支払い残高が100万円を超える場合は、銀行カードローンに借り換えることで金利がさらに下がるので、借り換える方が手数料の節約になるでしょう。

【銀行カードローンの金利】

楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%

※カードローンの利用には審査があります。

また、カードローンのよいところは繰り上げ返済や一括返済が自由にできる点です。

事前に申請をしなくても、毎月の返済日に上乗せして返済したり、お金が用意できた時点ですぐに返済することもできます。

【まとめ】リボ払いの借り換え後もきちんと返済管理を

リボ払いを銀行カードローンに借り換えることに成功したら、あとは毎月きちんと返済していきましょう。

借り換え後すぐに、完済までにどれくらいかかるのか、いくらかかるのかを把握しておくと、クレジットカードのリボ払いのときのように「いつまでも返済が終わらない」と悩むことはありません。

注意しておきたいのは、返済中に追加で借り入れること。
追加で借入をすると、返済計画がズレてしまいます。
まずは返済に専念して借金を完済してしまいましょう。