アコムやプロミスといった消費者金融でお金を借りているあなた、銀行カードローンに借り換えた方が利息が節約できるかもしれませんよ。

もしアコムとプロミスの両方からお金を借りているなら、なおさら銀行カードローンへの借り換えがオススメです。

今回はアコムやプロミスで借りたお金を銀行カードローンに借り換えた場合、どれだけ得をするのかについてご紹介します。

借り換え前にアコムやプロミスでの借り入れ状況を確認

あなたはアコムやプロミスからいくら借りていて、金利はどれくらいなのか、返済がどれだけ残っているかきちんと把握していますか?

単純に最高金利で比べると、消費者金融(18.0%)よりも銀行カードローン(14.5%)の方が低いので、銀行カードローンに借り換えた方が利息の節約になる人が多いでしょう。

ただ適応される金利は人それぞれです。
すでに銀行より低い金利でお金を借りている人は、銀行カードローンに借り換えても大きなメリットはありません。
滞納をせず長い間アコムやプロミスを利用している人は、信用度があがって最高金利よりも低い金利が適応されている可能性があるので、一度確かめてみましょう。

またほぼ返済が終わってしまっているという方も、借り換えの手間がかかるだけで、利息の大きな節約は期待できません。
その場合は、返済をそのまま完了させてしまうのがいいでしょう。

アコムやプロミスから銀行カードローンへの借り換えで利息を節約する

アコムやプロミスから、銀行カードローンに借り換えたらいくらい節約になるのか、気になりますよね。

ここでは実際に借金80万円を3年で返済すると想定して、アコムで払い続けるか銀行カードローンに借り換えるか、どちらの方が利息の節約になるか計算してみましょう。

  • アコム(80万円)

    金利18.0%
    毎月の返済額28,921円
    総返済額1,041,176円
    利息241,176円

  • 銀行カードローン(80万円)

    金利14.5%
    毎月の返済27,536円
    総支払額991,307円
    利息191,307円

アコムと銀行カードローンの利息額を見てみると、約5万円の利息の差があることがわかりました。

もちろん借り換えによってもっと金利が下がったり、毎月の返済額を増やしたりするとより利息が節約できます。

アコムとプロミス両方から借りている場合はなおさら借り換えがオススメ

とくに借り換えをオススメしたい人は、アコムとプロミスの両方からお金を借りている人です。

アコムから50万円、プロミスから30万円借りて3年で返済する場合と、銀行カードローンから借りた80万円を3年で返済する場合とを比べてみましょう。

  • アコム(50万円)

    金利18.0%
    毎月の返済額18,076円
    総返済額650,721円
    利息150,721円

  • プロミス(30万円)

    金利17.8%
    毎月の返済額10,815円
    総返済額389,345円
    利息89,345円

  • 銀行カードローン(80万円)

    金利14.5%
    毎月の返済27,536円
    総支払額991,307円
    利息191,307円

アコムとプロミスの利息の合計が240,066円で銀行カードローンの利息191,307円と48,759円の差があります。

銀行カードローンに借り換えた方が、利息の支払いが少なくて済むことがわかりますね。

さらに利息の節約になるだけでなく、借金の管理もしやすくなります。
たとえば、アコムとプロミスのそれぞれの返済日をきちんと把握して、遅れないようにそれぞれ返済手続きをするのは面倒ですよね。

アコムとプロミスの返済をすべて銀行カードローンに借り換えてしまえば、返済先が1箇所になりますし、返済し忘れの防止にもなります。

借り換えにオススメなのは楽天スーパーローン

借り換えにオススメの銀行カードローンは、「楽天スーパーローン」です。

金利は1.9%~14.5%と低金利。

消費者金融の場合、借り入れ金額の合計が100万円を超えても金利15.0%なので、それよりも低い金利ということになります。

また最高800万円まで借りることができるので、他社からの借り換えにも対応できます。
申し込みはパソコンやスマホからWeb申し込みが簡単にできて、書類の記入や郵送物などはありません。

さらに新しく口座を開設する必要がないので、ふだん楽天銀行を利用しない方でも気軽に利用することができます。

コンビニでのATM手数料が0円なのも嬉しいポイント。
すでに持っている銀行口座を登録しておけば、振込融資も可能です。

銀行での借り換えができない場合の対処法

もし銀行に借り換えを申し出たにもかかわらず、審査に通らなかった要因のひとつに、他社借入状況が関係すると考えられます。

カードローンの申込時には、必ず他社借入状況を記入する欄があり、他社借入件数と借り入れ金額を記入しなければなりません。

他社借入件数が多かったり、他社での借り入れ金額が多かった場合、審査に通らないこともあるのです。
借り換えの審査に通るようにするには、借入金額を減らすか借入件数を減らすしかありません。

  • 借入件数を減らすために、借り入れ残高が少ないところを完済する。
  • おまとめローンを利用して、できるだけ借入件数を減らす。

この2つのうち、できることから実践してみましょう。

【まとめ】アコムやプロミスでお金を借りているなら借り換えの検討を!

アコムやプロミスでお金を借りていて、金利が15.0%~18.0%であるという方は、銀行カードローンに借り換えた方が利息の節約になることがわかりました。

アコムとプロミスの両方からお金を借りている方は、とくに銀行カードローンへの借り換えがオススメ。

ただし銀行カードローンの場合、他社借入の項目を厳しく審査するので、他にもお金を借りているのであれば、完済してから借り換えをしたほうがいいでしょう。

銀行カードローンへの借り換えなら、スマホから簡単に申し込める楽天スーパーローンがオススメです。