テレビCMでお馴染みの大手消費者金融「プロミス」と「SMBCモビット」。
実は2社ともSMBCグループの消費者金融であることをご存知ですか?

同じグループの会社なら、サービスの違いはないのでは?と思うかもしれませんが、2社のサービス内容には結構違いがあるのです。

プロミスはもともと低所得者や中所得者向けの融資サービスを提供し、SMBCモビットは高所得者向けに融資をしていたことから、その名残からサービスの違いがあるのかもしれません。

今回はプロミスとSMBCモビットの金利や最低返済額といったサービス内容を比較して、どちらでお金を借りるのが得なのかを見ていきたいと思います。

プロミスとSMBCモビットの金利の違いを比較

プロミスの金利は4.5%~17.8%です。
最高金利を17%台にしている大手消費者金融は、プロミスだけ。

他社はだいたい18.0%にしていることが多いです。
4.5%~となっていますが、初回利用者はまず17.8%が適応されると考えていいでしょう。

一方SMBCモビットの金利は3.0%~18.0%。
SMBCモビットも、初回利用の場合は18.0%の金利が適応されることが多いです。

よほど年収がよい方で、高額な借入をしない限り最低金利の3.0%が適応されることはありません。

プロミスの最低金利4.5%と比べると、SMBCモビットの最低金利3.0%は低くて魅力に感じるかもしれませんが、適応されないことを考えると最低金利で比較しても意味がないですね。

そうなると最高金利で比較することになりますが、プロミスの最高金利17.8%とSMBCモビットの最高金利18.0%は0.2%しか違がなく、10万円程度の少額融資なら利息に大きな差は出ません。

つまり、プロミスとSMBCモビットの金利の違いはほとんど無いと言えます。

プロミスとSMBCモビットの最低返済額の違いを比較

お金に困っているときは、できるだけ毎月の返済額を少なくして無理なく返済したいですよね。
そうなると知っておきたいのが「最低返済額」です。

最低返済額とは、毎月返済しなければならない最低金額のこと。
最低返済額の算出方法は、プロミスとSMBCモビットで違いがあります。

プロミスの最低返済額

プロミスの最低返済額は、借入後残高に一定のパーセンテージを掛けて算出されます。
一定のパーセンテージは、次のとおりです。

  • 借入残高が30万円以下 3.61%
  • 借入残高が30万円超~100万円以下 2.53%
  • 借入残高が100万円超 1.99%

たとえば50万円を借りたとすると、最低返済額の計算式は次のようになります。

50万円 × 2.53% = 12,650円

1,000円未満は切り上げになるので、最低返済額は13,000円です。

その後、追加融資を受けることなく最後まで返済を続ける場合は、完済まで最低毎月13,000円を支払う必要があります。

もし追加融資を受けて借入後残高が変わった場合は、最低返済額が再度計算されて、算出された最低返済額を支払うことになります。

例えば借入後残高が60万円になった場合、毎月の最低返済額は16,000円に変わり、完済するまでこの金額を毎月支払わなければなりません(もちろん、再度借入をしたら最低返済額は変わります)。

ちなみに最低返済額はあくまで最低ラインなので、最低返済額を超える金額ならいくらでも自由に返済可能です。

SMBCモビットの最低返済額

SMBCモビットの最低返済額は、プロミスと違って最終借入残高によって最低返済額が決まっています。

最終借入後残高 最低返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、20万円以下 8,000円
20万円超過、30万円以下 11,000円
30万円超過、40万円以下 11,000円
40万円超過、50万円以下 13,000円
50万円超過、60万円以下 16,000円
60万円超過、70万円以下 18,000円
70万円超過、80万円以下 21,000円
80万円超過、90万円以下 24,000円
90万円超過、100万円以下 26,000円

※実質年率18.00%(最高利用残高が100万円以上は実質年率15.00%)の場合
※100万円超過の場合は最終借入後残高が20万円増すごとに返済額が4,000円追加

プロミスとSMBCモビットの最低返済額がどちらが低い?

結論から言うと、SMBCモビットよりもプロミスの方が最低返済額は低いと言えます。

なぜならSMBCモビットの場合、借入残高が10万円でも5万円でも最低返済額は4,000円で固定なのに対し、プロミスは借入残高により変動して10万円なら4,000円、5万円なら2,000円と変わっていくからです。

毎月の返済額をできるだけ少なくしたいという方は、プロミスでお金を借りるといいでしょう。

ただし最低返済額が低いということは、その分完済するのに時間がかかり、利息が膨らむことになります。

最低返済額で返済し続けるよりも、できるだけ早く完済することを目指すのが懸命でしょう。

プロミスとSMBCモビットの審査通過率の違いを比較

プロミスとSMBCモビットのうち、できれば審査の通りやすい消費者金融を利用したいと考えている方もいるでしょう。

プロミスもSMBCモビットも、「審査が通りやすい」ということはありません。

2社とも厳しい審査をして、きちんとお金を返済してくれる人を選んでお金を貸しています。

なので、どちらが審査に通りやすいとは言えませんが、審査通過率から審査の通りやすさの目安を知ることはできます。

プロミスの2017年4月~2018年3月までの審査通過率(成約率)は次のとおりです。

2017年度 プロミス成約率
4月 43.90%
5月 45.10%
6月 44.80%
7月 43.90%
8月 46.00%
9月 46.40%
10月 46.80%
11月 47.30%
12月 44.80%
1月 44.60%
2月 45.90%
3月 45.60%

だいたい申込者の半数を下回るくらいの人数が、審査に通過していることがわかります。

一方SMBCモビットですが、こちらは残念ながら審査通過率を公表していません。

ただモビットはもともと高所得者向けの融資サービスであったことや、web完結サービスが正社員の人向けであることから考えると、プロミスに比べて審査に通りにくいのではないかと思われます。

プロミスとSMBCモビットのサービスの違いを比較

プロミスで行われていてSMBCでは行われていない、またはその逆のサービスというのがあります。

それぞれのサービスの違いは、キャッシング選びの重要なポイントになるので、確認しておきましょう。

プロミス独自のサービス

プロミスにはあって、SMBCモビットにはないサービスは次の2つです。

  • 30日間の無利息期間を設けている(初回利用者に限る)
  • ATM手数料無料や無利息期間付与に使えるプロミスポイントが貯められる

プロミス以外にもアコム、アイフル、レイクALSAでも無利息期間を設けていますが、初回借入日の翌日から30日間無利息になるのはプロミスだけ。

他社では契約日の翌日から30日なので、契約してから借入まで日が空いてしまうと、その分無利息期間が無駄になってしまいます。

30日間の無利息期間をフル活用できるプロミスの無利息サービスはとても使い勝手がいいサービスと言えますね。

また、会員サービスを利用することでプロミスポイントを貯めることができ、貯まったポイントでATM手数料を無料にしたり無利息サービスを利用したりすることができます。

長いお付き合いになりそうなら、プロミスを利用するとお得です。

SMBCモビット独自のサービス

SMBCモビット独自のサービスといえば、申込みから借入まですべてwebで済ますことができるweb完結サービスです。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていること
  • 社会保険証や組合保険証を持っていること

この2つの条件を満たせば、web完結でキャッシングできます。
電話による在籍確認もありません。

ちなみにプロミスも「web完結」として申込み、契約、キャッシングまでwebで行うことができるのですが、勤務先への電話による在籍確認は行われるので、その点が大きな違いです。

周りの人にバレずにお金を借りたいという方や、自動契約機に行く時間がないという方にピッタリのサービスと言えます。

プロミスとSMBCモビットの違いまとめ!最大の違いは独自サービス

プロミスとSMBCモビットの違いを、金利、最低返済額、審査通過率、独自サービスの観点から比較しました。

金利は大きな差がなく、最低返済額や審査通過率に少し違いがありました。
ですが、やはり最大の違いはプロミスとSMBCモビットそれぞれの独自サービスです。

無利息期間やポイントに魅力を感じたならプロミスを、キャッシングが周囲にバレにくいweb完結を利用したいならSMBCモビットに申し込むのがいいでしょう。

それぞれの目的に合わせて選ぶことをオススメします。