お金を借りようとカードローンを申し込んだら、カードローン会社から勤務先に電話がかかってきます。

これは「在籍確認」と言い、申込み時に記入した勤務先で本当に働いているかどうか確かめるために行われます。

会社に直接電話がかかってくるとあって、「会社の同僚や上司にお金を借りることがバレたらどうしよう…」「電話に出られなかったらどうなるの?」と不安に思う方も多いです。

そこで今回は、在籍確認をスムーズに終わらせる方法や、在籍確認の電話なしでお金を借りる方法を紹介します。

在籍確認は会社の人にバレないように配慮されている

在籍確認の電話は、カードローン会社の担当者から直接電話がかかってきます。

電話を取る人は申込者本人とは限りませんので、もし同僚が電話に出た場合に、お金を借りることがバレてしまう可能性がありますよね。

そこで、カードローン会社が電話をかけるときは、会社名を名乗らずに、担当者の個人名を名乗るようにしています。

例えば「わたくし山田と申しますが、田中さんはいらっしゃいますでしょうか?」といった感じです。

これなら、カードローン会社からの在籍確認の電話であるとは思われません。

また銀行カードローンでお金を借りる場合は、銀行名を名乗るところもありますが、銀行から電話があったからといって、キャッシングがバレるということは考えにくいでしょう。

もし不安なら、「クレジットカードを新しくつくったから、電話がかかってくるかも」と事前に言っておくと良いです。

在籍確認の電話で聞かれる内容

「在籍確認の電話って何を聞かれるの?」と不安に思っている方もいるでしょう。

在籍確認の電話ではとくに何かを聞かれたりすることはなく「ありがとうございます。確認させていただきました。」と言われて終わりです。

基本的に通話は1,2分で終わります。

長電話をすることもありませんし、ほとんど会話もしないので、話している内容を聞かれて同僚にバレるということもありません。

本人が出なくても大丈夫!在籍確認が認められるパターン

事務の仕事をしていて、常に電話に出られるという方は問題ありませんが、営業や会議で席を外すことが多い方は在籍確認の電話に出られないことも考えられます。

「在籍確認の電話に出れないと、審査に落ちるの?」と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

最初に紹介したとおり、「在籍確認」は申込みで記入された勤務先に、申込者が在籍しているかを確認するのが目的です。

つまり、本人が電話に出なくても在籍していることが確認できれば、それでよいのです。

例えば、同僚の方が電話に出て「田中は現在会議中で電話に出られないのですが」「山田は只今外出中です」といった回答があれば、在籍確認は完了します。

ただし最近は個人の携帯電話やメールで他社とのやりとりをすることが多く、よく知らないところから電話があると「どのようなご用件でしょうか?」「どういったご関係ですか?」と本人確認ができないような回答をすることが考えられます。

その場合は、用件を同僚の方に伝えることはなく、一旦電話を切るようにしており、在籍確認が認められません。

在籍確認の電話をなしにする方法

在籍確認をすることは本人確認法で決められており、必ず行わなければならない決まりになっています。

ただし場合によっては電話での在籍確認でなくても、在籍確認をすることが可能です。

例えば会社員の方の場合、健康保険証や直近の給与明細など会社に所属していることがわかる書類を提出すれば、在籍確認となる可能性があります。

まずは申込み後すぐに金融機関に電話をして、「電話以外で在籍確認をお願いしたいんですけど…」と相談してみましょう。

また、指定の銀行口座を持っており、WEB完結で申込むことで、在籍確認の電話がなしになるカードローン会社もあるので、そちらを利用しても良いと思います。