自営業者は、会社員に比べてカードローン審査が厳しく、場合によっては審査に通らないこともあります。

自営業者と会社員の違いは「収入の安定さ」

今回は、自営業者のカードローン審査が厳しい理由と、自営業者でもお金を借りる方法について紹介します。

自営業は審査において収入が安定していないと判断される

会社員はその月の売上高にかかわらず、毎月決まったお給料が支払われますよね。
ですが自営業の場合、毎月の収入が一定ではありません。

繁忙期なら収入は増えますが、閑散期にはほとんど収入が得られないこともあります。
そのため、審査において収入が安定していないと判断されてしまうのです。

自営業者がお金を借りるなら消費者金融か信販会社のビジネスローン

自営業者がお金を借りるなら、消費者金融のビジネスローンという方法があります。
ビジネスローンもカードローン同様無担保でお金を借りることができ、個人事業主なら保証人不要でお金を借りることができます。

貸付け対象は法人または個人事業主で、金利はカードローンとほとんど差はありません。
ビジネスローンは総量規制の対象外となっているため、年収の3分の1以上のお金を借りることも可能です。

ただし消費者金融のビジネスローンの用途は、事業用資金であることが条件となっているため、「生活費の足しにする」「旅行費用に使う」といった使い方はできません。(Business partnerより)

プライベートで使うお金を借りたい方は、信販会社の事業主向けカードローンがオススメ。
オリックスVIPローンカードBUSINESS」なら、事業資金にもプライベートにも使えるお金を借りることができます。

実質年利は6.0%~17.8%で、最高500万円まで借りることが可能。
最短即日融資もできるので、お金に困った事業主の強い味方と言えるでしょう。

中小機構でお金を借りる

小規模企業共済に加入しているなら、中小機構(中小企業基盤整備機構)に相談してみましょう。
小規模企業共済の貸付制度には一般貸付けに加え、緊急経営安定貸付けや傷病災害時貸付けなど事業主を助けてくれる融資制度が整っています。

自営業者はカードローンでなく事業主向けのローンを利用しましょう

カードローンは自営業者にとって厳しい貸付けサービスですが、事業主しか借りる事ができない貸付け制度も複数あります。
銀行や消費者金融でカードローンを申し込んだけど、審査に落ちてしまったという方は、事業者向けのローン制度でお金を借りるとよいでしょう。