「過去に借金を滞納したことがある。」
「携帯電話料金を払わず、強制解約させられた。」

このような、いわゆる「ブラック」の人はお金を借りるのが難しいと言われています。
実際に、信用情報機関に金融事故の情報が載っているブラックの人は、キャッシングを申し込んでも審査に通らない可能性が高いです。

では、ブラックの人がお金を借りるにはどうすればよいのでしょうか?
この記事ではブラックでもお金を借りる方法について紹介します。

法律上はブラックの人でもお金を借りることができる

ブラックの人が審査に通らないのには理由があります。
法律上はブラックの人にお金を貸すことについて、禁止されていません。

ブラックの人が審査に落ちるのは、金融会社が信用情報を見て「返済能力が低い」と判断するからです。

金融会社からすれば、滞納癖がある人にお金を貸すメリットはありませんから、当然断られます。

とくに、審査に厳しい銀行カードローンや、お客さんが多い大手の消費者金融からお金を借りるのは難しいです。

ブラックでも中小の消費者金融ならお金を借りられる可能性がある

大手消費者金融に比べて、中小消費者金融は幅広い顧客に対応しています。

中小消費者金融を利用する人の中には、銀行や大手消費者金融の審査に落ちた人も多いため、ブラックの状況次第ではお金が借りられるかもしれません。

借金滞納の過去はあるものの、すでに返済が完了しているという方は、お金を借りられるかもしれません。
銀行や大手消費者金融の審査に落ちてしまったという方は、中小消費者金融に相談してみるのもよいでしょう。

ブラックの人がお金を借りるには借金をすでに完済していることが条件

前項「中小の消費者金融ならお金を借りられる可能性がある」でも言いましたが、ブラックの人がお金を借りるなら、すでに過去の借金をすべて返済していなければなりません。

現在滞納している借金があるブラックの人にお金を貸すなんて、金融会社にとって危険でしかありません。
まだ借金を返済できていない方は、新たにお金を借りるのは難しいと考えましょう。

ブラックの人を狙った悪徳業者に注意

「審査なし!その場で5万円貸します!」「ブラック大歓迎!」と謳った金融業者を見かけたら、利用しないようにしてください。
それは悪徳業者です。
お金に困っているのに、どこからもお金が借りられないと焦って甘い言葉に惹かれてしまうかもしれませんが、悪徳業者からお金を借りてしまうと法外な利息を求められたり、執拗な取り立てに怯えたりと悪いことばかりです。
まずは今ある借金を返済することに専念するようにしましょう。