お金を借りたいけど、会社や知人、家族に知られたくないという方もいるのではないでしょうか?

カードローンでお金を借りていることを同僚や友人にバレたら恥ずかしい!と思っている方も多いでしょう。

実はお金を借りる時に少し工夫するだけで、誰にもバレることなくお金を借りることができるのです。

今回は、カードローンを利用しても誰にもバレずにお金を借りる方法を紹介します。

お金を借りることが他人にバレてしまう3つの原因

お金を借りることが他人にバレてしまう原因は大きく3つあります。

  1. 金融機関からの郵便物で家族にバレる
  2. 財布の中を見られて家族にバレる
  3. 在籍確認の電話で会社の同僚や上司にバレる

それぞれの詳しい原因と対策を見てみましょう。

1. 金融機関からの郵便物で家族にバレる

カードローンを申込むと、契約完了後に家にローンカードが送られる場合があります。

銀行からの郵便物ならまず借金であることはバレにくいですし、消費者金融からの郵便物であったとしても、消費者金融の名前の記載はなく、たとえばアコムなら「AC事務センター」といったかたちで記載されているので、バレにくくはなっています.

ですが、見知らぬ郵便物を見て怪しまれる可能性があるので要注意。

カードローンを利用するなら、ローンカードを自動契約機で受け取ったり、カード発行不要で振込融資対応のカードローンを利用すると良いでしょう。

また、明細書が郵送されて家族にバレることもあります。

明細はWEBの会員ページでで確認することもできますので、郵送ではなくWEBで確認するように設定しておきましょう。

もし返済を滞納してしまったら、督促状が家に届くので家族にバレてしまいます。

無理なく返済できるよう、計画的にお金を借りましょう。

2. 財布の中を見られて家族にバレる

家族が誰でも財布の中身を見れるようにしている場合、バレる可能性が高くなります。

例えば、奥さんが今月のお小遣いを財布に入れようとしたときに、ローンカードを見つけてバレてしまうこともあります。

だからといって、急に「今日から俺の財布をさわるなよ!」と言ったら、当然奥さんに怪しまれますよね。

ローンカードは普段使う財布に入れない、もしくは財布を簡単に触れないようにきちんとしまっておくというふうにカードの管理に気を使いましょう。

また、カードレスキャッシングを利用してお金を借りるのも、家族にバレにくい方法と言えます。

ただし振込融資の場合も、家族が通帳管理をしていたらバレる可能性があるので、必ず自分が管理している通帳に入金してもらうようにしましょう。

3. 在籍確認の電話で会社の同僚や上司にバレる

会社の同僚や上司に最もバレやすいタイミングは、カードローン会社からの在籍確認の電話です。

カードローンの申し込みをすると、申込みに記入された会社で本当に勤務しているかどうか確認するために、カードローン会社から勤務先に直接電話がかかってきます。

ちょうど自分が電話に出ることができれば問題ありませんが、同僚や上司が電話に出た場合、バレる可能性があります。

カードローン会社もバレないように配慮して、会社名を伏せて担当者名だけを名乗るようにしているのですが、いつも特定のところからしか電話がかかってこない会社であったり、カードローンを利用したことがある上司が電話に出た場合などはバレてしまうかもしれません。

そこで、会社の人にお金を借りることをバレないようにする方法を2つ紹介しましょう。

1つ目は、自分が必ず電話に出られる時間に電話をかけてもらうよう、カードローン会社に伝えておくことです。

申込み後、電話をして在籍確認の時間指定をしておくと、可能な範囲で対応してくれます。

2つ目は、電話がくる前に「クレジットカードを作ったから、確認の電話がくるかもしれない」と同僚に伝えておくことです。

そうすれば、電話がかかってきてもお金を借りることがバレることはないでしょう。