専業主婦は収入がないため、消費者金融のカードローンからお金を借りることができません。

専業主婦がカードローンでお金を借りるなら、配偶者貸付制度を採用しているカードローン利用する必要があります。

その他にもクレジットカードのキャッシング枠を利用するなど、専業主婦でもお金を借りる方法があるので、紹介したいと思います。

専業主婦がカードローン審査に通らない理由

冒頭でも紹介したとおり、専業主婦は消費者金融のカードローンは利用できません。

総量規制により、貸金業者は収入の3分の1を超えるお金を貸してはいけないことになっています。

つまり専業主婦は収入がないので、貸金業者からお金を借りることができないのです。

総量規制の対象になる貸金業者は、消費者金融やクレジットカード会社で、銀行カードローンは総量規制の対象にはなりません。

総量規制対象外の銀行カードローンも専業主婦に厳しい

総量規制対象外の銀行カードローンなら、収入がない専業主婦でもお金を借りることができるかというと、実はそうでもなさそうです。

そもそも収入がない人にお金を貸すということは、とてもリスクが高いこと。

専業主婦がカードローンに申し込んだ場合、きちんと返済できるかどうか慎重に審査されます。

一般的な会社員よりも審査は厳しいと考えていいでしょう。

さらに、2017年以降国による銀行カードローンの規制も厳しくなってきました。
銀行によって年収制限を設けるところもあるといいます。

つまり銀行カードローンでも専業主婦はお金を借りるのが難しいということです。

専業主婦がお金を借りる2つの方法

専業主婦がカードローンの審査に通るのがいかに難しいかがおわかりいただけたかと思います。
ですが専業主婦がお金を借りる方法がないわけではありません。
ここでは、「クレジットカードのキャッシング枠」と「配偶者貸付制度」という2つの方法をご紹介します。

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

お急ぎの方はぜひ確認していただきたいのですが、もしいまクレジットカードを持っているなら、キャッシング枠が使えるかどうか確認してみてください。

専業主婦になる前、まだ働いているときに作ったクレジットカードならキャッシング枠が使えるかもしれません。

もしキャッシング枠でお金が借りられるなら、お近くのATMからその場ですぐに現金を借りることができます。

審査や事前申し込みも不要なので、もっとも早くお金を借りることができるでしょう。

消費者金融の「配偶者貸付制度」でお金を借りる

専業主婦は基本的に消費者金融でお金を借りることはできないと冒頭でもお伝えしました。

ですが実は例外として総量規制の対象外となる項目があるのです。

その例外の一つが「配偶者貸付制度」。

配偶者がいるものへの貸付は夫婦合算で年収の3分の1まで可能となっています。

つまり専業主婦で収入がなくても、夫の年収の3分の1の金額までならお金を借りることができるのです。

配偶者貸付制度を採用しているカードローン

残念ながらアコムやアイフルといった大手消費者金融は配偶者貸付制度を採用していません。

配偶者貸付制度があるカードローンは、中小消費者金融となります。
たとえば通販でおなじみのベルーナノーティスは、配偶者貸付制度で専業主婦でもお金を借りることが可能。

中小企業とはいえ、国から許可を得て貸付をしている企業ですから、法外な金利であったり執拗な取り立てをされたりということはありません。
安心して利用してください。

専業主婦がやってはいけないお金の借り方

「生活費の足しにしたい。」「子供の習い事の月謝を払わなければならない。」と、家庭のためにお金を借りようとする専業主婦の方もいるでしょう。

夫に心配かけたくないからと、夫にだまってお金を借りようとしていませんか?

こういうときは、思い切って夫に相談しましょう。
専業主婦であるあなたがお金を借りるよりも、夫にお金を借りてもらったほうがよりよい条件でお金を借りることができるかもしれませんよ。

「エステに通いたい」「高級ブランドバッグを買いたい」というのが目的でお金を借りたい専業主婦の方は、夫に内緒にしておきたいと思っている人もいるのでは?

ですが配偶者貸付制度では夫に内緒にしておくのも難しいし、かといってクレカのキャッシング枠はもう使えなくなっている…。

こんなときに「審査なしで今すぐ10万円貸します!」といった謳い文句に誘われてつい闇金に手を出してしまうかもしれません。

ですが闇金だけは絶対に使わないでください。
闇金を利用してしまうと法外な利息の支払いを求められたり、家族や知人に嫌がらせをされる可能性もあります。

どんな理由であれ、お金を借りるときは家族に事前に相談して、家族が納得するかたちでお金を借りするのがベストです。

【まとめ】専業主婦がお金を借りる人なら配偶者貸付制度があるカードローン

専業主婦は収入がないため、カードローン等でお金を借りるのは難しいのが現状です。

ですがそんな専業主婦でも、お金を借りる方法はあります。

なかでもカードローンを利用したいなら「配偶者貸付制度」がある中小消費者金融のカードローンを使えば専業主婦でもお金を借りることができますよ。

焦って闇金でお金を借りることがないよう、気をつけましょう。