無職の方で収入がなくお金に困っている方はたくさんいます。
ですが、無職であるがゆえにカードローンの審査に通らず、お金を借りることができないというのが現実です。

では、無職の人がお金を借りる方法はまったくないのでしょうか?
今回は無職の人がお金を借りる方法について解説します。

無職の人でもお金を借りることができる!(ただし制限あり)

無職の人でもお金を借りる方法はあります。
でもそれは、金融業者にお金を借りる方法とは違います。

銀行や消費者金融のカードローンやその他のローンは、返済見込みのない無職の方にお金を貸すことはできません。

たとえばカードローンの場合、年収の3分の1までの金額しか貸してはいけないという法律があり、収入ゼロの無職の人はお金を借りることができないのです。

無職の方がお金を借りるなら、社会福祉協議会の「生活福祉資金」を利用しましょう。
社会福祉協議会は、低所得者を対象に貸付けをしており、一定の条件を満たしていれば無職の人でもお金を借りることができます。

自分が条件に当てはまるかどうかわからなくても、一度相談してみるといいでしょう。
また、法外な利息を請求してくる闇金業者ならお金を貸してくれるかもしれませんが、こちらの方法は危険なのでやめておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を活用する

以前会社に務めていたという方は、お手元にクレジットカードがありませんか?
もしくは、大学生の時にクレジットカードを作ったという方もいるかもしれません。

実はクレジットカードには「キャッシング機能」が付いているのですが、ご存知でしょうか?

ほとんどのクレジットカードは、契約時にキャッシング機能をつけており、現金が必要になったときに近くのATMからお金が借りられるようになっています。

クレジットカードを持っている方は、明細書などからキャッシング機能がついているかどうか、また限度額がいくらまでなのかを確かめてみてください。

もちろん、借りたお金は返済しなければなりませんし、金利も高めに設定されているため、もうすぐ無職から脱出できるメドがついた方にオススメします。

価値がある私物を担保に質屋でお金を借りる

最終手段として、質屋でお金を借りるという方法があります。
質屋は中古のブランド品を売ったり買ったりするお店、というイメージがありますが、貸付けサービスも行っているのです。

借りられる金額は、担保にする物の価値によって変わります。
価値がありそうなもの直接お店に持って行けば、その場ですぐに査定。

即日でお金を借りることができます。
すぐにお金を借りるという点ではメリットですが、質屋さんの貸付け利息は半端なく高額になるというデメリットも…。

また、期日までに返済できなけれは「質流れ」と言って、担保としてあずけた物が質屋の所有物になってしまいます。

思い入れのない品物なら、いっその事リサイクルショップで売ってしまった方が高い金額が受け取れる可能性もありますし、何より無職の状態で借金をしなくて済むのでオススメです。

無職でお金を借りるなら、返済のメドが立ってから

無職の状態でお金を借りることはとても危険です。
収入がないままだと、返済が滞り、借金まみれになってしまう恐れがあるからです。

無職でお金を借りるら、「次の転職先が決まっている」といったように、返済のメドが立ってからお金を借りるようにしましょう。